妊娠後に肌がカサカサするトラブルの原因について

妊娠後の初期の段階で妊婦が多く、悩みを抱えるのが肌トラブルです。
妊娠することによって体の中のホルモンバランスが、大きく変化するので様々な不快な症状を自覚することとなります。
その中で大きな不快症状として、現れるのが肌がカサカサするなどの症状です。
妊娠初期はホルモンバランスが崩れて、皮膚の乾燥の原因となります。
乾燥した状態が長くなり症状が酷くなると、強い痒みの原因ともなっていきます。
初期の段階だけではなく出産しても続くことがあり、この症状は妊娠掻痒症という病気で妊婦の約3%程に現れる症状です。
症状が酷い場合などは痒みを止める薬の服用や、クリームなどを処方して貰う必要があります。
そこまで酷くないようならば、まず体を清潔に保つことと洋服なども生地などで刺激が強くないものを選んだり、保湿クリームなどを入浴後に塗るなどのセルフケアが効果があります。
また最近は積極的な摂取が妊婦に求められている、葉酸の摂取も効果的です。
健康的な赤血球を作ることが出来る葉酸は、血行をよくしてくれる効果も期待出来ます。
そして葉酸は潤いの元であるコラーゲンの生成に、欠かせない栄養素なのでカサカサ対策には大きな効果が期待出来ます。